2014年9月6日土曜日

イタリア 世界遺産、ナポリ歴史地区の景観

Google Map
➛名所・史跡を投稿画像で紹介。
➛ナポリは、イタリア南部に位置し世界三大夜景の街として有名です。「ナポリを見てから死ね」(=「日光を見ずに“結構”と言うな」)と言われるほど風光明媚な土地としても知られ、ナポリの港には、毎年、多くの豪華客船が出入りします。
ナポリの港
➛オススメ動画 「Napoli...citta' meravigliosa」

イタリア 世界遺産、ナポリ歴史地区の景観
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

新 Google Map イタリア 世界遺産 ナポリ歴史地区 ヌオーボ城

ナポリ駅

➛アルベルゴ王宮は、18世紀に建てられた一番大きく威厳に満ちた建物のひとつです。1751年に王国に住む貧民達の救済院を造りたいとの願いから、壮大な建物の建築にのりだしましたが、工事は完成を迎えることはありませんでした。今は少年裁判所となっており民衆の間では「檻」と呼ばれていました。
アルベルゴ王宮

➛カプアーノ城は、建物がカプアに続く道が通る古いカプアーナ門の近くにあることから、この名で呼ばれています。12世紀に完成、ノルマン人のグリェルモ・ディ・アルタヴィアによるものです。
カプアーノ城の門

新 Google Map イタリア 世界遺産 ナポリ歴史地区 カプアーノ城の門

カプアーノ城

➛ナポリ大聖堂は、ナポリの守護聖人、聖ヤヌアリウス(聖ジェナーロ)に捧げて建てられたものです。建物は古いキリスト教のバシリカ建築の基礎上に建設され、それらの跡は未だにはっきりと見られ、教会の下にあった遺跡からは、ギリシャやローマの人工物が発掘されています。
ナポリ大聖堂

カブール広場

考古学博物館

ダンテ広場 オエマヌエーレ2世

サンタキアーラ修道院

➛ヌオーボ城は、1279年から1282年の間に、アンジュー家のカルロ1世の意思で建てられたお城です。入り口となっている大理石造りのアーチが素晴らしく、アラゴン家の征服を祝うために造られました。
ヌオーボ城

ウンベルト1世のガッレリア

➛サン・カルロ劇場はイタリア・ナポリにある歌劇場で、劇場としてはヨーロッパで現役最古のもので、劇場前のウンベルト1世のガッレリアは、19世紀の建築として高さ58mのガラス天井を備えます。
サン・カルロ劇場

サルノ宮

➛サン・フランセスコ・デイ・パオラ教会は、パンテオンに影響され、建てられたのは明らかです。広い玄関口が円柱によって半ば囲まれているのは、ローマのサン・ピエトロ寺院の影響でしょう。内部は円形で、大礼拝堂に保管されているパオラの聖フランチェスコ再生を描いた絵画やなど、興味深い美術作品も保管されています。
サン・フランセスコ・デイ・パオラ教会

サン・フランセスコ・デイ・パオラ教会の夜景

➛パラッツォ・レアーレ・ディ・ナーポリは、かつてナポリ王位や両シチリア王位についていたブルボン家の王宮です。建物の西ファサード(プレビシート広場に面す)は、12世紀にナポリ王国を建国した際からの代々の王の像が展示されている。
王宮(西ファサード)

巨人の噴水

➛卵城は、王の住居であったもので、20世紀後半まで実際海軍省の基地として使用されていました。街の要塞としては代表的なもので、ナポリ湾が一望できる港の先端に立ちはだかっています。頑丈な壁に囲まれ、急な階段をもったこの城には、展望台があり美しい風景を見ることができます。
卵城

➛アセルマイエル城は、中世のお城の特徴を引用し完成した、壮大な建築物で、実際には1902年と1904年の間に建設されています。
アセルマイエル城

スール・オルソラ・ベニンカーザ修道院

➛サンテルモ城は、威厳のある1329年に完成した建築物で、その後、1599年火薬庫の爆発での被害をうけたため、数々の改修や改築工事が行われ、初期の姿からはまったく違うものになりました。地下刑務所と、素晴らしいナポリの景観が360度見渡せるテラスは見るべきものです。
サン・エルモ城

サン・エルモ城

➛サン・エルモ城内部
コメントを投稿