2014年9月8日月曜日

ギリシャ 世界遺産、アテネのアクロポリスなど周辺の史跡

Google Map
➛アテネの名の由来は、知恵と戦争の神「アテナ」をこの土地の守護神としたことに始まります。そのアテナをまつったパルテノン神殿を始め、歩を移すごとに出会う数々の遺跡が、2500年の街の移り変わりを見守って来ました。
➛アクロポリスの丘
➛オススメ動画 Athens | The Little Great City


ギリシャ アテネ(パルテノン神殿 アクロポリス ゼウス神殿)
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)


ギリシャ アテネⅡ(風の塔 ヘパイストスの神殿)
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

新 Google Map ギリシャ 世界遺産、アテネのアクロポリスなど周辺の史跡

➛アクロポリスは遠く新石器時代から人が住んでいたという岩山ですが、ミケーネ時代にはここに王の宮殿があり、巨石を積んだ城壁で守られていました。ポリス(都市国家)の時代には神域となり、紀元前5世紀の古典文化の黄金期には、フィディアスをはじめとする芸術家たちの傑作が続々とここで誕生しました。
パルテノン神殿

エレクテイオン神殿

➛アテナイのアクロポリスは、ペルシア戦争時(紀元前499年から紀元前449年の三度にわたるアケメネス朝ペルシア帝国のギリシア遠征をいう)に木造建築のために全てが灰に帰したと伝えられていますが、その後の石造建築による再建の結果、ペリクレスの時代に最も輝かしい時代を迎え、今日の私たちの知るアクロポリスが誕生しました。
アクロポリスの再建 1846年

➛ヘロド・アティクス音楽堂は夏の芸術祭"アテネ・フェスティバル"の舞台となるところです。2世紀、アテネの富裕な執政官ヘロド・アティクスが亡き妻を偲び建造。エウメネスの柱廊で、ディオニソス劇場とつながっていました。
ヘロド・アティクス音楽堂

➛ディオニソス劇場は紀元前4世紀の建造。アクロポリスのふもとにあり、演劇の神ディオニソスの神域の一部でした。
ディオニソス劇場

➛アクロポリス博物館は、アテネのアクロポリスの発掘現場から出土したものを中心に収蔵・展示している考古博物館で、アクロポリスの岩山の上およびその麓で出土した工芸品などを収蔵しており、青銅器時代からローマ属州時代、東ローマ帝国時代のものが中心です。
アクロポリス博物館

ゼウス神殿

Zappeion ホール

➛週末には多くの家族連れで賑わう国立庭園には、緑の木々に囲まれた中に動物園があります。また南側にはザピオン展示会場があります。
国立庭園

➛シンタグマ広場は国会議事堂の前に広がる街の中心となる広場。ホテル、航空会社、銀行、旅行会社がまわりを囲み、ショッピング街にも近いことから、一日中人通りが絶えません。メトロの「シンタグマ駅」は、地下鉄工事中に出土した文化遺産を駅のコンコースに展示した"ステーション・ミュージアム"が有名です。
シンタグマ広場

➛国会議事堂はネオクラシック様式の建物で、無名戦士の碑を前にして建っています。近代ギリシャの初代王オットーの宮殿でしたが、1933年に国会議事堂となりました。
国会議事堂

➛大統領官邸は国立庭園の東側の道に面し、絵のような民俗衣装の制服フスタネーラを身につけた衛兵が立っています。
大統領官邸

大統領官邸

➛パナティナイコ・スタジアムは1896年古代オリンピックの復活として、ここで第1回近代オリンピックが行われました。古代にはここにパンアテナ大祭の競技場がありました。アルディトス丘の緑を背景に、まばゆいばかりの白いペンテリコンの大理石でできています。
パナティナイコ・スタジアム

古代オリンピック

国立図書館

国立考古学博物館

➛リカベトスの丘は市の東北部にある尖った山。頂上に純白のアギオス・ゲオルギオス教会が見えます。頂上までケーブルカーが通じ、アテネ全市の眺めはすばらしいもの。レストランやカフェもあります。
リカベトスの丘 アギオス・ゲオルギオス教会

リカベトスの丘 劇場


➛風の塔は、紀元前50年頃にキュロスのアンドロニコスが建てたものと思われます。ペンテリ山産大理石で作られた八角形の塔であり、高さは12m、直径は約8mです。風向き・日時計・水時計・鐘楼の機能が備わっています。
風の塔


➛アテネ大学博物館


ギリシャ楽器博物館

古代のアゴラの円柱とアクロポリス


ヘパイストスの神殿


➛イスラム美術ベナキ美術館


➛ケラメイコスはアテネの1地区で、古代には多くの陶工が住んでいた地域です。市街地からの道路に沿って重要な墓地があり、多数の墓標彫刻が立っていました。
ケラメイコス

教会

アテネトラム

ISAPの電車

➛市の中心から北東12kmに、2004年に開催されたアテネ・オリンピックのメインスタジアムがあります。既存のスタジアムに、スペイン人の建築家カラトラヴァによる大改修が施され、収容人数72,000人、屋根付きの現在の形へと生まれ変わりました。
オリンピック・スタジアム

オリンピック・スタジアム
コメントを投稿