2014年10月6日月曜日

デンマーク 北欧の玄関口でロマン漂う、コペンハーゲン

Google Map
➛デンマークの首都コペンハーゲンは、シェラン島の北東部に位置する人口約183万の都市で、デンマークだけでなく、北欧の玄関口でもあります。この街は、12世紀にロスキレのアブサロン司教が要塞を築き、「商人の港(コペンハーゲン)」を興したのがはじまりです。現在も港湾都市としての重要な拠点になっており、ロマン漂う街並は訪れる人々を魅了しています。
コペンハーゲンの冬景色
➛オススメ動画 Guide to Copenhagen


デンマーク コペンハーゲン(チボリ公園 クリスチャンスボー城 ローゼンボー宮殿)
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

デンマーク コペンハーゲン クリスチャンスボー城 新 Google Map で展開
デンマーク コペンハーゲン クリスチャンスボー城 Bing で検索画像展開

➛チボリ公園や人魚姫の像などは、コペンハーゲンの顔とも言うべきスポットです。
チボリ公園

人魚姫の像

➛ゲフィオンの泉は、牛に鞭を打つ女神ゲフィオンの像がある噴水で、アマリエンボー宮殿の北約500mのところにあります。この北の岸辺に人魚姫の像が、背後にはカステレットがあり、緑と港の景観が楽しめる絶好の散歩コースでもあります。
ゲフィオンの泉

アルバン教会

コペンハーゲン要塞

➛アマリエンボー宮殿は、1794年のクリスチャンスボー城の火災以来、王室の居城として使用されています。各館の前には銃を携えた衛兵がガードし、女王が在宮の間は屋根の上に旗が掲げられており、毎日正午には伝統的な衛兵の交代式を見ることができます。
アマリエンボー宮殿広場

フレデリスク教会

フレデリック教会の彫像

➛ローゼンボー宮殿は、17世紀初めに築かれた宮殿で、内部の宝物殿では、王室の財宝が展示されています。
ローゼンボー宮殿

➛17世紀に市街地が拡大するなかで築かれた新しい港がニューハウンです。当時、一帯は荷揚げが盛んで活気に溢れていました。アンデルセンが好んで住んだ場所としても有名です。
ニューハウン

➛王立劇場は、コンゲンス・ニュートー広場の南に位置する劇場で、シャーロッテンボー宮殿に隣接。オールドステージとニューステージの2つに分かれていて、バレエ,オペラを交互に上演しています。
王立劇場

➛ラウンドタワーは、クリスチャン4世が天文台として建造した石造建築で、1642年に完成した円柱形レンガ造りのヨーロッパ最古の天文台です。現在はコペンハーゲンの街が見渡せる展望台となっています。
ラウンドタワー

町並み

➛クリスチャンスボー城は、1167年にアブサロン司教が城塞を築いた場所で、その後再建が繰り返され、現在の建物は1928年の完成で、迎賓館や国会議事堂として使用されています。地下に残る12世紀の城塞の遺跡のほか、残存する最初に建てられた城の一部である厩舎などが公開されています。
クリスチャンスボー城

➛市庁舎は、高さ105.6mの尖塔の建つ赤レンガ造が特徴的な建造物で、1905年に完成した6代目の市庁舎です。現在も市役所の一部として機能しています。内部の見学が可能で、ガイドツアーも組まれています。入口の右側にあるイェンス・オルセンの天文時計は300年間に0.4秒しか誤差が生じないという精巧さでいまも時を刻み続けています。
市庁舎

ニュー・カールスベア美術館

中央駅

海峡を横断するエーレスンド橋
コメントを投稿