2014年10月19日日曜日

岐阜 日本の原風景を残す街、飛騨高山

Google Map
➛旧高山市中心部は江戸時代以来の城下町・商家町の姿が保全されており、その景観から「飛騨の小京都」と呼ばれ、観光ガイドでは飛騨高山と記され、全国各地から毎年多くの人が観光に訪れています。
旧高山市の町並
➛オススメ動画 岐阜 飛騨高山を訪ねて

岐阜 飛騨高山(古民家 高山祭 高山陣屋など)
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

岐阜 飛騨高山 高山陣屋 新 Google Map で展開
岐阜 飛騨高山 高山祭り Bing で検索画像展開


➛最近における高山は、「日本の原風景を残す街」として紹介され、日本国外からの観光客も増加し、仏ミシュランの実用旅行ガイド「ボワイヤジェ・プラティック・ジャポン」では必見の観光地として3ツ星を獲得しており、2009年3月発行予定の「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン2009」においても3ツ星を獲得したとのことです。
町並

町並

➛現在の高山市は、2005年2月1日に、旧高山市を中心として周辺9町村を編入合併して日本で最も広い市町村となっています。香川県や大阪府よりも広く、島嶼部を除いた東京都ともほぼ同じ面積で、県の面積よりも広い市町村は全国で唯一であるとのことです。
町並

茶房

旧高山市の民家

旧高山にて

旧高山にて

町並

朝市の風景

➛高山陣屋は、高山城主金森家の下屋敷(向屋敷)として使われていましたが、直轄領となってからは陣屋として代官や郡代がここで飛騨の政治を行いました。以来慶応四年(1868)に至るまで176年間、江戸幕府は25代の代官、郡代を派遣して飛騨の国を支配してきました。
高山陣屋

➛明治維新以後、陣屋の建物は高山県庁舎等として使用され続けました。昭和44年に飛騨県事務所を移転した後、岐阜県教育委員会は高山陣屋の保存に乗り出します。
高山陣屋

高山陣屋

高山陣屋

高山陣屋

➛高山祭りは、京都の祇園祭、秩父の夜祭と並び、日本三大美祭のひとつと言われています。例年、高山祭りは、4月と10月に予定されていますが、この年は、特別祭が催されました。
高山祭り

➛高山祭りは、街中を屋台が練り歩き、多くの観光客の目を楽しませてくれます。 屋台の見所の一つ、からくり写真を撮ろうとカメラ片手に沿道は人出で埋め尽くされていました。
高山祭り

高山祭り

高山祭り

高山祭り

➛伝統工芸の粋を集めた華麗な祭りと落ち着いた民家の意匠で知られる飛騨高山で気に入ったのが高山美術館です。この地を見下ろす丘の上に造られた飛騨高山美術館は、アールヌーボー,アールデコのガラス工芸品と、家具を中心とした19世紀末の装飾芸術のコレクションを展示するプライベートな美術館です。
高山美術館

高山美術館

高山美術館

高山美術館にて

高山美術館にて

➛城山公園は、永正年間(1510年頃)高山外記によって城が築かれたといわれ、その後、天正18年(1590)から元・N(1692)までは金森家6代の居城とされたところです。山城としては、「天下に三指と数えられる名城」とうたわれたものの幕府直轄地となって、元禄年間に取り壊されました。
城山公園にて

➛その後、城跡は町民が親しむ公園となり、市街地に近く自然に恵まれて花に、紅葉に色どられる遊歩道は、野鳥の天国、訪れる人を楽しませてくれます。
城山公園にて

城山公園 照蓮寺

城山公園 照蓮寺

城山公園にて
➛飛騨高山の観光を終え、最終日の4日目は中山道馬籠を経由して帰途につきます。
コメントを投稿