2015年2月12日木曜日

ラトビア 「バルト海の真珠」と讃えられるリーガと「リガ歴史地区」

Google Map
➛名所・史跡を投稿画像で紹介。
➛リーガ(リガ)は、ラトビア共和国の首都で13世紀以来の歴史があり、同国最大の人口を持つ都市です。「バルト海の真珠」と讃えられる美しい港町で、世界遺産に登録されている旧市街「リガ歴史地区」は、アールヌーボー調の建築の宝庫として著名であり、新市街は官庁やオフィスが集まります。
ユールマラの海岸
➛オススメ動画 「Riga Old Town Tour」

ラトビア 「バルト海の真珠」と讃えられるリーガと「リガ歴史地区」
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

➛リガ旧市街は、南縁にリーガ駅と中央市場、西縁がダウガヴァ川と河港、そして東側が新市街で、この都市の歴史は、1202年に刀剣騎士修道会がこの地で創立されたことによって始まりました。
冬のリガ旧市街

➛リガ駅

リガ駅のて

電車

➛国立オペラ座

➛自由の記念碑は、リガにあるモニュメントで、ラトビア独立戦争(1918-1920)で殺された兵士に捧げられている。 ラトビアの自由、独立、主権のシンボルとして大切にされており、リガで行われる公開集会や公式式典などでは中心場所になることが多い。
自由の記念碑

➛キリスト大聖堂

➛国立博物館

➛世界遺産に登録されている旧市街「リガ歴史地区」は、アールヌーボー調の建築の宝庫です。
アールヌーボー調の建築

国立劇場

Troksnu 通り

➛ドム大聖堂は、13世紀に初めの教会が建てられ、18世紀には現在の形になったもので、大聖堂を有名にしているものの一つに100年以上前のパイプオルガンがあります。
リガ大聖堂

➛三兄弟の家は、中世に建てられた住宅で、まるで兄弟のように並んでいることから「三兄弟の家」と呼ぶようで、3つともそれぞれの時代を反映した特長を持っています。
三兄弟の家

➛リガ城は、その一部が大統領官邸として使われている白亜の城で、白壁を背に、銃剣を構えた衛兵の交代が見られます。かつてはポーランド、スウェーデン、帝政ロシアとそれぞれの時代の支配者が居住していました。
リガ城

➛占領博物館

市庁舎と広場

聖ペテロ教会

鉄道橋とモニュメント

広場の風景

➛中央市場は欧州でも2番目に大きな規模を持つ市民の台所で、かつてドイツ軍の飛行船・ツェッペリンの格納庫に使っていたため、建物の雰囲気も非常に独特で面白いものがあります。今では新鮮な果物や野菜、乳製品など、あらゆるものが並びます。
大きな規模な中央市場

ツライダ城

ツライダ城 冬景
コメントを投稿