2014年7月26日土曜日

オランダ 商業と観光が中心の首都、アムステルダム

Google Map
ストリートビュー
➛アムステルダムはオランダ王国の首都ですが、政治の中心はハーグにあって、アムステルダムは商業と観光が中心の都市といえます。
先日、新国王、即位式のニュースが大きく報道されました。
国立美術館
➛オススメ動画 Amsterdam - Lonely Planet Travel Video

オランダ アムステルダム(ダム広場 ろう人形館 ゴッホ美術館)
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

新 Google Map オランダ アムステルダム 運河

国立美術館の内部

➛広大なムセーウム広場に建つゴッホ美術館は、フィンセント・ファン・ゴッホの作品を中心とした国立美術館で、ゴッホ作品の他、同時代のポール・ゴーギャン、ロートレックらの作品、ゴッホが傾倒していた日本の浮世絵、盛んに模写をしたミレーなども展示されています。
ゴッホ美術館本館と別館

アムステルダム近代美術館

➛ムセーウム広場に建つコンセルトヘボウは、2度目の黄金時代と呼ばれた19世紀終わり頃に建てられたコンサートホールで、アムステルダム国立美術館、アムステルダム中央駅もその頃の建物です。
コンセルトヘボウ

➛アムステルダムは、元々は小さな漁村だったのが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き町が出来たことで、16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展しました。
アムステルダム港の客船

➛現在のアムステルダムは、アムステルダム中央駅を中心に市内に網の目状に広がる運河や、その運河に沿って並ぷ17世紀の豪商の邸宅、自転車、飾り窓の女性たち、アンネ・フランクの家などで広く知られています。
アムステルダム中央駅

聖ニコラス教会

旧教会

市内に網の目状に広がる運河

➛アンネ・フランク通りは、『アンネの日記』の著者、アンネ・フランクの住んでいた家のある通りで、アンネ・フランク通りと名付けられています。多くの人が訪れるアンネの家を、平行する運河から見られます。
アンネ・フランク記念像(西教会)

対岸にアンネ・フランクの家(新 Google Map ストリートビュー)
➛アンネ・フランク通りを、上記のストリートビューを使って、散策します。

➛アムステルダムのシンゲル運河内の17世紀の環状運河地区は、2010年に世界遺産リストに登録されました。
アンネ・フランク通りに平行する運河

➛ダム広場は、アムステルダムの中心部にある広場で、もとはアムステル川をせき止める堰(ダム)のあった場所です。広場の西に接して王宮があり、これはもともと市役所として建てられたものだそうで、その北には新教会があります。そのほか広場の南にマダム・タッソー蝋人形館、北西にデパートデ・バイエンコルフがあります。
ダム広場、奥は王宮と新教会

マダム・タッソー蝋人形館
ダム広場のマダムタッソーろう人形館マップ

デパートデ・バイエンコルフ

マヘレの跳ね橋

➛ムントタワーは、六差路のムント広場の西に建っています。アムステルダムは17世紀までシンゲル運河沿いに城壁が築かれ街を取り囲んでいましたが、17世紀になり街は発展し城壁が取り払われましたがこの塔だけが残されました。後にこの塔の上に時計台が取り付けられ現在の姿となりました。基の塔自体は15世紀頃に建てられた物です。
ムント広場とタワー

アムステルダム歴史資料館

➛計量所は、元々は聖アントニウス門といいます。ニューマルクト広場の中心にあるこの建物は1488年に造られたアムステルダムの城壁のひとつで、17世紀に入り建物前の広場で行われる市場の計量所として1階が利用される様になりました。
計量所

➛レンブラント・ハルメンス・ファン・レインは、17世紀を代表するオランダの画家で単にレンブラントと呼ばれることもあります。油彩だけでなく、エッチングや複合技法による銅版画やドローイングでも知られ、生涯を通じて数多くの自画像を描いたことでも有名です。
レンブラントの家

レンブラント作品『夜警』

夜警の像

フィルム博物館

Being There

ホランド・カジノ

デ·ヤコブオブレヒト新教会
コメントを投稿