2014年7月12日土曜日

スウェーデン 世界で最も美しい首都、ストックホルム

Google Map
➛名所・史跡を投稿画像で紹介。
➛首都ストックホルムは、14の島からなり、まさに水の都と呼ぶにふさわしい都市です。ストックホルムの歴史は13世紀半ば、今のガムラ・スタン(旧市街)に砦が築かれたことに始まりました。今も歴史的建造物が多く残り、世界で最も美しい首都と呼ばれています。
➛ガムラ・スタン(旧市街)
➛オススメ動画 Stockholm

➛Wikiloc ツアー スウェーデン ストックホルム
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

新 Google Map スウェーデン ストックホルム ストックホルム宮殿

ガムラ・スタンの夜景

➛ストックホルムの中心部 スタッツホルメン島一帯はガムラ・スタン(旧市街)と呼ばれ、北側にある王宮をはじめ、大聖堂やドイツ教会など、歴史と威厳のある建造物が点在し、馬車が行き交った時代から残る石畳や、城塞の中に密集して住んだ人々の様子がしのばれる狭い路地など、あちらこちらに中世の趣を留めています。
ガムラ・スタンの景観

➛王宮は、13世紀にビリェル・ヤールスが初めて城塞を築いた場所ですが、現在の建物は1760年に造られたオランダ・ルネッサンス様式の建築です。608もの部屋がある広大な規模を誇りますが、今は、国賓をもてなす場合や大使の任命式などに使用されています。
王宮(内部は博物館)

王宮にて

➛国会議事堂は、王宮の手前に位置するヘルエアンズホルメン島にあるグレーの石造建物で、1905年の完成以来、政治の拠点になっています。
国会議事堂

騎士の家

➛リッダーホルム教会は、リッダーホルメン島に位置し、13世紀には修道院でした。その後すぐにゴシック建築の教会に改められ、1634年にグスタフ2世アドルフ王が埋葬されて以来、現在の王室の菩提寺となっています。
リッダーホルム教会

➛王宮の背後にそびえる高い塔のある大聖堂は、1279年に建立されたストックホルム最古の建物ですが、幾度か改築がなされ、現在、内部は後期ゴシック様式で外観はバロック様式となっています。
大聖堂

ノーベル博物館

旧市街の広場

➛ドイツ教会は、ガムラ・スタンのほぼ中心に位置するバロック様式の建物です。16世紀半ばにフィンランド人によってギルド集会所として建立されましたが、その後ドイツ商人が教会に改めています。
ドイツ教会

カールヨハン像

市立博物館

キャサリン教会

シビックスクエアのサウスタワー

公園

Högalids教会

➛クングストレゴーデンは、かつては王室の台所で使用される各種野菜などを栽培していた畑だったため"王の庭園"という名が付いています。現在は新市街の中心にある公園として開放されており、夏は花咲く緑の多い庭として、冬はスケート場として、市民の憩いの場となっています。
クングストレゴーデン

➛オペラハウスは、ガムラ・スタンに向き合うようにノッルマルムの南の岸に位置する由緒ある劇場です。もともとは18世紀にグスタヴ3世によって建設されましたが、現在ある建物は19世紀後半に造られたバロック様式の建築で、バレエとオペラを中心に上演されています。
オペラハウス

➛市庁舎は、ノッルマルムの西、クングスホルメン島の南東端に、リッダー湾を望んで建つナショナル・ロマン様式の建造物で、76mの高さまで上って眺望が楽しめるタワーは、街のランドマークにもなっており、その先端には3つの金色の王冠が輝いています。
市庁舎

ストックホルム中央駅

ストックホルム駅

ノルディスカ博物館

➛海に向かって建つ白い3階建ての石造建築で、スウェーデン最大の美術館です。グスタフ・ヴァーサ王が収集した芸術作品を集め、1792年に王室美術館とし て開設されたのち、1866年に改築され国立美術館としてオープンしました
国立美術館

➛ガムラ・スタンの東に位置する島がシェップスホルメンです。かつては海軍の基地があった島ですが、現在は緑の豊かな敷地に近代美術館、写真美術館、建築博物館などが並んでいます。また、北側の橋の対岸には国立美術館もあり、文化・芸術の宝庫ともいえる地区です。
シェップスホルメンの教会

➛シェップスホルメン島にあって、1998年に新たに写真美術館を併設。マティス、ジャコメッ ティ、ダリ、ピカソ、ミロなど、20世紀以降に活躍した世界的アーティストの作品が展示されているほか、新進作家が発表した作品も公開されています。
近代美術館

アーランダエクスプレス

グスタフヴァーサ教会

エンヘルブレッチ教会

北欧美術館

ヴァーサ号博物館

国立歴史博物館
コメントを投稿