2014年8月15日金曜日

インド 西の玄関口、ムンバイ(ボンベイ)の景観

Google Map
➛ムンバイは、インド最大の都市であり、世界有数のメガシティで、2010年の近郊を含む都市的地域の人口は2,125万人と世界第3位です。天然の良港に恵まれていることもあり、国全体の海上貨物の半数以上を担う港湾都市でもあります。
市街地の眺望
➛オススメ動画 Mumbai Travel Guide

インド 西の玄関口、ムンバイ(ボンベイ)の景観
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

新 Google Map インド ムンバイ インド門

ディーアール・バウ・ダジ・ラッド・ミュージアム

➛ドービーガートは、マハラクシュミ駅の横にある世界最大の洗濯場です。観光名所とは言いがたいのですが、多くのツアーに組み込まれています。
ドービーガート

中央駅

➛ムンバイ(ボンベイ)の住宅街の中心に建つこぎれいな建物は、インド建国の父マハトマ・ガンジーが、1917年から34年までムンバイ滞在中に使用していた住居で、現在は記念館として保存・公開されています。
マニ・バヴァン(ガンディー博物館)

Chowpatty ビーチ

市場(クロフォード市場)

➛CST駅(チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅)は、イギリス植民地時代に建てられたコロニアル洋式の駅舎(世界遺産)です。「チャトラパティ・シヴァージー」とは、17世紀後半に活躍したヒンドゥー教徒の武将です。イスラム教を信仰するムガール王朝に対抗しマラータ王国を興した人物で、19世紀のインド独立運動において反イギリス運動の象徴となりました。
チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(CST駅)

町並み

フローラの泉

Jehangir アートギャラリー

➛旧プリンス・オブ・ウェールズ博物館は、1905年にウェールズ皇太子だった、ジョージ5世がインドを訪問したのを記念して創立された博物館です。建物はインド・サラセン様式に15-16世紀の西インド様式のドームを取り入れた、ジョージ・ウィテットの設計によるもので、白亜のドームが重厚な印象を与えています。
旧プリンス・オブ・ウェールズ博物館

➛インドの文化の中心地ともいえるムンバイにあるインド門は、英国の支配下にあった1911年に、英国王ジョージ5世とメアリー王妃の訪問を記念して造られた海に向いた門です。玄武岩でできており、ムンバイ湾に面したアポロ埠頭の突端に建っています。パリの凱旋門をモデルにしてジョージ・ウィテットの設計により、1924年に完成しました。
インド門

➛タージマハル・ホテルは、インドを代表する高級ホテルです。ムンバイ港の古くからの中心地に位置し、海に面してパレス棟(旧館)とタワー棟(新館)が建っていて、隣にはムンバイのシンボルでもあるインド門があります。
タージマハル・ホテル

➛CST駅の設計者であるイギリス人のF.W. スティーヴンスが建てた駅舎(旧ボンベイ バローダ 中央インド鉄道会社本社ビル)です。
チャーチゲート駅

アフガニスタンの教会

Siddhivinayak 寺

➛エレファンタ石窟群は、ムンバイ近海のアラビア海に浮かぶエレファンタ島にある石窟寺院で、シヴァ信仰の中心地であり、グプタ朝時代に建設が始まったとされています。
エレファンタ石窟群

➛列柱ホールの最深部の壁面に残る3面のシヴァ神は、高さ5.7メートルあります。
エレファンタ石窟群
➛Tags=Mumbai,India
コメントを投稿