2014年8月17日日曜日

モザンビーク 世界遺産、モザンビーク島と首都マプト

Google Map
➛モザンビークは観光としては、まさにダイヤモンドの原石です。1991年にユネスコから世界遺産に指定された旧首都のモザンビーク島は、ポルトガル人の来航以前からのアラブ人との交易の影響も受け、アフリカとポルトガルとアラブの見事な文化融合をなしています。
モザンビーク島の景観
➛オススメ動画 Maputo,Adventure Tour 安倍首相、モザンビークに支援表明 中国のアフリカ経済植民地化政策

モザンビーク 世界遺産、モザンビーク島の景観
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

新 Google Map モザンビーク モザンビーク島

サン・セバスティアン要塞

サン・セバスティアン要塞

➛モザンビーク島は、1498年にバスコ・ダ・ガマが到達するよりもずっと前から、ここはアラブ人の港であり、造船所でもありました。
サン・セバスティアン要塞

➛1507年にはポルトガルが港と海軍拠点を建造し、1522年にはノサ・セニョラ・デ・バルアルテ礼拝堂が建てられました。この礼拝堂は、南半球における現存最古のヨーロッパ建築と見なされています。
ノサ・セニョラ・デ・バルアルテ礼拝堂

バスコ・ダ・ガマ銅像と知事宮殿

➛島は都市化が進んでおり、キリスト教以外に、モスクやヒンドゥー教寺院なども建てられていいて、1960年には、本土と島を結ぶ長さ3kmにわたる橋が架けられました。
本土との橋

ルイスデカモンイス銅像

モザンビーク島にて

➛現在のモザンビークの首都マプトは、1907年にモザンビーク植民地の首都ロレンソ・マルケスとなり、1975年に旧ポルトガル植民地から独立したのを機に、マプトと改称された計画都市です。
旧ロレンソ・マルケス(1905年)

モザンビーク 世界遺産、モザンビーク島と首都マプト
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

新 Google Map モザンビーク マプト

現在の首都マプト

➛マプトの観光スポットには、要塞、革命広場、歴史的人物の銅像、中央駅、中央マーケット、鉄の家(エッフェルが設計)、ヒンディー地区、革命美術館、魚市場などがあります。
中央駅

中央マーケット

中央マーケット

ノッサセニョーラダコンセイサン要塞

大聖堂

大聖堂

ショッピングセンター

財務省

サントアントニオダポラーナ教会
➛1975-1994年の社会主義政権の名残で、通りの名前はマルクス通り、レーニン通り、毛沢東通りなど、有名な社会主義者の名が付けられています。
コメントを投稿