2015年1月22日木曜日

アルバニア 首都ティラナ及び世界遺産の博物館都市など

Google Map
➛名所・史跡を投稿画像で紹介。
➛鎖国政策をとってきたアルバニアは、ヨーロッパで最も謎に満ちているといわれ、長い間ベールに包まれてきたその姿は、まさにバルカンの秘境と呼ぶにふさわしい国です。
スカイタワー
➛オススメ動画 「Discover Albania」

アルバニア 首都ティラナ及び世界遺産の博物館都市など
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

旧エンヴェル・ホッジャ美術館

➛アルバニア人は、8世紀にスラブ民族がバルカン半島に移住してくる以前にこの地に広く住んでいたイリュリア人の末裔といわれています。彼らはいくつもの部族に分かれ、統一国家をもたなかったため、ローマ帝国、ビザンツ帝国、ブルガリア帝国、セルビア帝国、オスマン朝と歴史を通じて常に大国の支配を受け続けてきました。
中世の英雄スカンデルベク像

クロックタワー

大統領府

➛第2次世界大戦後はエンヴェル・ホジャ率いる共産主義国としての歩みを始めましたが、共産主義理論の見解の相違から、それまでの援助国とことごとくたもとを分かち、ついには鎖国政策をとるにいたりました。
コングレスパレス

マザーテレサ広場とティラナ大学

マザー・テレサ像(ティラナ大学)

➛1990年には、市場経済を導入し、共産党の一党独裁時代も終わりましたが、急激な経済の自由化の波に国民はついていけず、1997年のネズミ講事件により、経済が破綻、国中が大混乱に陥りました。
ティラナの街並み

➛混乱から10年が経過した現在、経済は順調に成長し、旅行者もそれに従って増えており、インフラはまだ充分整っているとはいえないものの、ローマ時代の遺跡や、美しい自然は訪れる人を惹き付けてているようです。
ティラナの風景

国立歴史博物館

➛世界遺産、ベラトとジロカストラの歴史地区の街並みを形作っているのは、この地域特有のクラ(「塔」の意)と呼ばれる石造りの家屋で、オスマン帝国時代に建造されたものです。
博物館都市(ジロカストラ)

➛ベラトにもオスマン帝国時代の町並みが保存されており、2005年に世界遺産に登録されていた「ギロカストラの博物館都市」の拡大登録という形で、2008年に世界遺産リストに加えられました。
博物館都市(ベラト)

博物館都市(ベラト)

➛ブトリントは、アルバニア南部のサランダ県にある都市遺跡です。
ブトリントの劇場跡

ブトリント博物館

古い教会
コメントを投稿