2010年1月17日日曜日

ベトナム 世界遺産、フエの建造物群

Google Map
➛フエは、ベトナム最後の王朝、グェン王朝(1802~1945)の都があった町でフォーン河沿いに広がる町並みは、グェン王朝時代の名残を留めており、美しい建築が見所となっています。
寺院
➛オススメ動画 「HUE」

ティエンムー寺

➛グェン王宮は、北京の紫禁城などと比べると多少の見劣りはするものの、それでも広大な敷地の中にいろいろな建物が点在しており、それらを一つ一つ丁寧に見てまわるだけでも優に半日はかかるそうです。入り口にある王宮門は、王宮内を最も象徴する建物です。
グェン王宮

王宮門

鐘塔

➛トゥドック帝廟は、第4代皇帝トゥドゥック帝の陵墓で、ちょうど王宮をそのままスケールダウンしたような格好になっており、Ritual Area (儀式地区) と Burial Area (墳墓地区) の2つに大きく分かれる広大な敷地内に堀や池、拝殿などがところどころ配置されています。
トゥドック帝廟

トゥドック帝廟にて

トゥドック帝廟仏像

➛カイディン帝廟は、丘陵地帯に作られた第12代皇帝カイディン帝の墳墓で、他の皇帝のそれとは異なり、純粋に陵墓としての機能しかないため、トゥドゥック帝廟などと比べると敷地はかなり狭く、その分みどころが凝縮している感があります。西洋的な建築様式が取り入れられているのも他の陵墓と異なるところです。
カイディン帝廟

カイディン帝廟

カイディン帝廟

カイディン帝廟

カイディン帝廟

➛ミンマン帝廟は、フエ市内からフォーン川を12km下ったところにあります。1841年に建造され、美しい庭園や建築が見所です。
ミンマン帝廟

ミンマン帝廟にて
コメントを投稿