2014年4月17日木曜日

オーストリア ウィーン、ドナウ川畔の王宮など多くの名所・史跡

Google Map
➛ウィーンのドナウ川畔の王宮などの名所・史跡を投稿画像で訪ねてみます。
ホーフブルク王宮は、1918年までハプスブルク家歴代の神聖ローマ皇帝またはオーストリア皇帝の居城でした。もともとは中世に建てられた城で、長年にわたってハプスブルク家の強大化と領土の拡大に伴って拡張され、一層美しく飾られてきました。
ホーフブルク王宮新宮殿
➛オススメ動画 Impressions of Vienna (HQ) Vienna video travel guide (Austria)  Vienna tourist tour

オーストリア ウイーン(ホーフブルク王宮 ベルヴェデーレ宮殿など)
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

➛16世紀には厩舎とアマリア宮が付け加えられ、17世紀にはレオポルド宮が、18世紀には帝国宰相宮、書庫、乗馬学校が付け加わって、ヨーゼフ広場が現在の姿を現わしました。
ホーフブルク王宮

➛現在、王宮には、オーストリア大統領府、国際会議場、日曜日および宗教祝日にウイーン少年合唱団がミサで歌う礼拝堂、スペイン乗馬学校などが入っています。
➛スペイン乗馬学校

聖ミカエル教会

➛自然史博物館は、地球の歴史と自然の息をのむようなオブジェクトを経験することができます。
自然史博物館

➛美術史博物館は、美術品の収集において、世界で最も豊かで優れている博物館の一つと評価されています。
美術史美術館

➛美術史博物館は、ゴットフリート・ゼンパーとカール・フォン・ハーゼナウアーによって、当時は皇帝家の所蔵となっていた膨大な収集品の収納庫として、1872年から1891年にかけて建てられました。
美術史美術館内部

➛ミュージアム・クオーターにあるレオポルト美術館は、世界的に名高いルドルフ・レオポルトの個人コレクションを一般公開したものです。
レオポルト美術館

➛近代美術館ルードヴィヒ・コレクション・ウィーンは、近現代美術に関してはオーストリア最大の美術館です。
近代美術館

国会議事堂

➛ブルク劇場は、ドイツ語圏で最高の格式を誇るとされる劇場です。
ブルク劇場

➛ウィーン大学は、1365年創立の、ドイツ語圏最古・最大の総合大学です。
ウィーン大学

ウィーン大学内部

➛ヴォティーフ教会は、1853年に皇帝フランツ・ヨーゼフ1世がテロによる暗殺から無傷で逃れられたことを神に感謝し、弟で後のメキシコ皇帝マクシミリアンによって1856年から1879年にかけてウィーン大学近くのリングシュトラーセ沿いに建てられました。
ヴォティーフ教会

Haas ハウス

➛世界遺産、ウィーン歴史地区のシンボルであるシュテファン寺院は、オーストリア最大のゴシック建築物です。異教の塔と呼ばれる正面左右の塔とリーゼントアー(正面入り口)は、現存する最も古い部分で13世紀に建てられました。
シュテファン寺院

モーツアルト ハウス

➛ウィーン国立オペラ座は世界屈指のオペラ劇場であり、国際的な舞台で活躍するトップアーチストたちが出演しています。国立オペラ座では、毎日演目を変えて上演されており、レベルの高いオペラやバレエを多彩なプログラムで楽しむことができます。
ウィーン国立オペラ座

造形美術アカデミー

➛19世紀が終わろうとする寸前、一群の芸術家があまりにも保守的で堪え難いと、ウィーンの芸術権威団体であるキュンストラー・ハウス(芸術家協会)と縁を切って「分離」し、「セセッシオン」と名付けた団体を旗揚げしました。
セセッシオン (分離派会館)

市場

➛毎月ひとつのプレミエール、しかも年間を通じてオペラが上演される舞台、それがアン・デア・ウィーン劇場です。ここでは長年ミュージカルが上演されていましたが、モーツァルトイヤーの2006年から、ウィーンの新たなオペラハウスとなっています。
アン・デア・ウィーン劇場

➛カールスプラッツ駅舎は、ウィーンの世紀末時代の建築分野の開拓者、オットー・ワグナーが1969年の地下鉄の開通にともない設計した駅舎です。
カールスプラッツ駅舎

➛カールス教会は、著名なバロック建築家ヨハンベルンハルトフィッシャーフォンエルラッハの最後の仕事として建てられました。
カールス教会

ウィーン駅

➛パレシュヴァルツェンベルクは、バロック様式の 宮殿で、豪壮なシュヴァルツェンベルク家族が所有していました。
パレシュヴァルツェンベルク

カルメル会の教会

➛ベルヴェデーレ宮殿は、バロック建築の宮殿で、もともとハプスブルク家に仕えたプリンツ・オイゲンが、当時の代表的な建築家であるヨハン・ルーカス・フォン・ヒルデブラントに、夏の離宮として造らせたものです。
ベルヴェデーレ宮殿

➛ベルヴェデーレ宮殿は、1714~16年にかけて下宮、1720~23年にかけて上宮が建設されました。プリンツ・オイゲンの死後、1752年にハプスブルク家のマリア・テレジアに売却され、現在はオーストリア絵画館になっており、オーストリアで2番目に大きな美術館です。
ベルヴェデーレ宮殿辺り

ベルヴェデーレ植物園

➛ウィーン軍事史博物館は、近世から現代に至るまでの様々な資料が展示されています。第一次世界大戦、第二次世界大戦で使用された高射砲、航空機や、各時代の軍服、ナチス時代の出版物など、展示内容は多岐にわたります。
ウィーン軍事史博物館

プラーターの大観覧車

プラーターのフリスビー

アッシジの教会

ドナウ川畔

国連都市
コメントを投稿