2014年3月9日日曜日

エストニア 世界遺産、タリン歴史地区と周辺

Google Map
➛名所・史跡を投稿画像で紹介。
➛バルト海に面したエストニアの首都、タリンは13世紀にゲルマン修道会により町が建設されました。中世には、ハンザ同盟の貿易都市として発展し、13世紀に建造されたゴシック様式の旧市庁舎、エストニア最古の教会でトームキリクと呼ばれる大聖堂などのほか、ハンザ商人たちの邸宅などが当時の繁栄ぶりを物語っています。
タリン旧市街
➛オススメ動画「Estonia - Tallinn」「Tallinn」

エストニア 世界遺産、タリン歴史地区と周辺
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

➛バルト駅から旧市街

バルト駅

➛バルト駅

➛タリンタワー

➛タワー&Olevsite 教会

➛旧市街出入口

➛聖オラフ教会

➛東方正教会

➛タリンの中心にある石灰岩の高さ24mの丘がトームペアと呼ばれていて、エストニアの神話では、古代の王カレフの陵墓とされています。11世紀頃ここにエストニア人の木製の要塞がありましたが、その後13世紀前半ドイツ騎士団が進出して来て、石で強固な要塞を築きました。それがトームペア城です。
トーンペア城 城塞

Lühike Jalg 通り

➛聖ニコラス

➛アレクサンドル・ネフスキー聖堂は、外観がいかにもロシア風で、ロシアが同化政策として1900年に建設したものです。「建築上価値のある建物というより、イデオロギーの象徴としての色が濃い」ということらしく、タリンの旧市街の中では異質の存在です。
アレクサンドル・ネフスキー聖堂

➛その後支配者が変わる度に補強改築され、現在に至っていますが、タリン市内を一望できる眺望を誇っています。トームペア城は、正にエストニアの国家の発祥の地にあるシンボル・タワーです。
トーンペア城(現在は国会議事堂)

キーク・イン・デ・キョクの塔

タリン町役場と広場

➛市立博物館

カタリーナの通り

大聖堂

古い門

➛アルメニア使徒教会

➛国立歌劇場

➛市ゲストハウス

➛シネマホール

トラム

タリンの港

クム美術館

ピリタ修道院
コメントを投稿