2014年3月17日月曜日

クリミア議会、ロシア編入を正式要請=プーチン氏、18日に決断発表か

2014年3月17日
Google Map
ウクライナ南部クリミア自治共和国議会は17日、住民投票の結果を受け、ロシアへの編入を正式に要請する決議を採択した。ウクライナからの独立や、クリミア半島内のウクライナ国営エネルギー企業接収も決議。米国と欧州連合(EU)は住民投票に反発、ロシア当局者らの渡航禁止や資産凍結の制裁措置を発動した。
 独立決議に伴い、クリミア側は今後、「独立国」としてロシアとの編入協議に臨む。議会代表団は同日、モスクワに向かった。プーチン大統領やロシア議会関係者と会談する予定。
 プーチン大統領は18日、上下両院議員を前にクリミア問題に関して演説する。住民投票でロシアへの編入賛成が96.77%の圧倒的多数に上ったことを受け、編入受け入れの決断を発表する可能性がある。
17日、ウクライナ南部クリミア自治共和国の中心都市シンフェロポリで、旧ソ連の国旗を掲げる男性
コメントを投稿