2014年1月22日水曜日

フィンランド 美しい群島地域が広がる、トゥルクと周辺の景観

Google Map
➛名所・史跡を投稿画像で紹介。
➛トゥルクは、かつてのフィンランドの首都で人口は約175,000人、美しい群島地域が広がる海岸沿いと、かつて首都として栄えた歴史ある古都で、 1229年、ローマ教皇が司教を派遣したことからトゥルクの歴史が始まりました。
美術館
➛オススメ動画 「Oasis of the Seas departing Turku」

フィンランド 美しい群島地域が広がる、トゥルクと周辺の景観
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

美術館前 冬景色

➛1812年にヘルシンキに首都が移された後も、トゥルクはフィンランドでもっとも歴史があり、美しい群島が広がる地域として魅力のある自然と文化が融合する都市として知られています。
正教会

市場

路面電車

中央駅

マイケル教会

➛シベリウス博物館は、作曲家ジャン・シベリウスの名を冠した博物館で、彼にちなんだ展示品のほか、各時代の珍しい楽器もそろえられています。
シベリウス博物館

➛トゥルク大聖堂は、13世紀から建築され始めたフィンランドを代表する中世の教会で、1827年のトゥルク大火災で、ひどい破損を受け、その際に崩壊した塔の替わりにエンゲル設計の現在の塔が建てられました。
大聖堂

古い天文台

➛アールトネン博物館は、トゥルクが生んだ彫刻家・画家ヴァイノー・アールトネンの作品を展示しています。
アールトーネン博物館

➛トゥルク城は、フィンランドがスウェーデンの支配下に入った1280年に建設が開始され、14世紀と16世紀に拡張されたフィンランドで最大の古城です。第2次世界大戦で破損したが修復され、現在は歴史博物館として一般公開されています。
トゥルク城

帆船スオメン・ヨエッセン号

シリヤフェスティバル号

➛ナーンタリは、1443、国王クリストファーの命で建てられたビルグッテン修道院の周辺に発展した歴史のある町で、中世のスウェーデン語「優美な谷」が町の名の由来です。旧市街には18世紀後半から19世紀にかけて建てられた木造家屋が残ります。
ナーンタリの港と教会

➛ムーミン・ワールドは、1993年に開園した小島にある5haの、ムーミンとその仲間のテーマパークです。5階建てのムーミンの家や各種イベントが行われる野外劇場「エンマ劇場」人形劇が上演される「おとぎ話の家」、「ヘムレンの家」、ムーミン博物館などがあります。
ムーミンワールド

ナーンタリ博物館

➛大統領 夏の離宮クルタランタは、ナーンタリと橋で結ばれたルオンノンマー島の大統領の夏の別荘として、56haを越す大庭園を備えた石造りの殿堂で、1913~16建造。さまざまな彫刻が飾られた庭園の中心部はメダリオンと呼ばれ、3500本ものバラの花で埋め尽くされています。
大統領 夏の離宮クルタランタ
コメントを投稿