2013年12月9日月曜日

カンボジア 新生「カンボジア王国」の首都、プノンペンを巡る

Google Map
➛プノンペンの史跡を投稿画像で訪ねてみます。
➛カンボジアの首都、プノンペンは政治、経済における中心地で、フランス領として統治されていた時代の名残でコロニアル風の建物も混在しています。街が開発された当初は「東洋のパリ」、「インドシナのオアシス」と言われていたほどの美しい街並みでした。
➛ワットプノン
➛オススメ動画 プノンペン プノンペン中央市場

カンボジア 新生「カンボジア王国」の首都、プノンペンの歩み
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

➛ワットプノンの街の名前は、ペン夫人がワット・プノンをここに建立したことに由来しています。この地に遷都したポニャー・ヤット王の遺灰が納められており、その南側にはペン夫人を祀った祠があります。
ワットプノン

➛ワットプノン

セントラルマーケット

➛ソリヤショッピングセンター

➛町並み

➛彫刻ショップ

➛国立博物館は、赤いクメール様式の外観が印象的な建物で、カンボジア全土から出土された彫像など、歴史的価値の高いクメール芸術を堪能することができます。
国立博物館

➛海岸通り

➛風景

王宮

➛王宮は、ノロドム王の時代に建てられ、当初はレンガと木造でしたが、後に大理石を用いた現在の美しいスタイルになり、シルバーパゴダには財宝が納められています。
王宮

銀寺

➛ワット・ボトム・パーク

➛プノンペンは、ポル・ポトによる社会主義政権の誕生と内戦の影響で街は荒廃の一途をたどり、一時期、首都としての機能は一切失われました。 しかし、1993年の新生「カンボジア王国」誕生以降、街は再建に向かってその活気を取り戻しつつあります。
フランスからの独立を記念する塔

➛ツールスレーン虐殺博物館は、ポル・ポト時代に刑務所として罪なき人を処刑した場所で、現在はその事実を後世に伝えるための博物館として公開されています。実際に拷問に使われた鉄のベッドや犠牲になった人々の写 真などがありのままに展示されています。
ツールスレーン虐殺博物館

➛キリング・フィールドにある慰霊塔。手前の芝生は、通路で区切られた区画がそれぞれ500名前後の囚人を埋めた壕の跡です。
キリング・フィールド
コメントを投稿