2013年12月7日土曜日

オランダ ロッテルダムのモダン建築など見所を訪ねて

Google Map
➛ロッテルダムは、多くの斬新な建物と豊かな建築の土壌があることから、建築の町として世界的に高い評価を得ています。
良い例がブラーク地区にあるキューブ・ハウスです。ピエット・ブロム設計のユニークな集合住宅は、38個のキューブ(立方体)が斜めに積み重なった形状が目を引き、木の幹とそこから伸びる枝葉を抽象的に表現したといわれています。
キューブ・ハウス
➛オススメ動画 Rotterdam

オランダ ロッテルダムのモダン建築など見所を訪ねて
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

➛この集合住宅のコンセプトは、都会のなかにひとつの村を作ることで、1階には小さなオフィス、店舗、学校、遊び場を備えたパブリックスペースが充実しています。
キューブ・ハウス

➛キューブ・ハウスは、アーチ状の歩道橋など建物周辺もブロムのデザイン姿勢に沿って作られ、それは機能や実用よりも、実験的・デザイン的要素を優先させるというものです。斜めになった壁や窓が見られるユニークな室内の見学を有料で行っています。
ブラーク地区

➛アミューズメントパークのトロピカーナです。
トロピカーナ

ヘット・ヴィッテ・ハウス(ホワイトハウス)

➛ロッテルダムは彫像の多い町です。「心臓の破れた男」は戦争で破壊されたロッテルダムの絶望感を象徴した作品で、心臓のところに穴があいている男性像です。制作者はザットキン。
心臓の破れた男

海事博物館

➛聖ローレンス教会は、14世紀から17世紀にかけて建設されたゴシック様式の教会です。第2次世界大戦で破壊され、修復されました。
聖ローレンス教会と哲学者エラスムスの立像

聖ローレンス教会

➛戦火を免れた戦前からの印象的な建物には、市庁舎や旧郵便局、ヘット・ヴィッテ・ハウス(ホワイトハウス)があります。第二次大戦後は、革新的な建築の草分け時代で、キューブ・ハウスのほか、フロートハンデルスヘボウ(卸売ビル)、スハウブルグプレイン(劇場広場)などの傑作建築があります。
市庁舎

ショッピングエリア

➛ラインバーン商店街は、世界初の歩行者天国が実施されたところです。ここの歩行者天国は、車道を作らないことでいつでも歩行者天国となっています。街の中心にあって、カフェなども多く活気にあふれた市民の憩いの場です。
ラインバーン商店街

➛会議場前にあるロダン作の「歩く男」の彫像です。
ロダン作の「歩く男」

➛ドゥーレン会議場は、1966年完成の近代的なホールで、コンサートや国際会議に使用される大小のホールがあります。ロッテルダム・フィルハーモニーの本拠地でもあります。
ドゥーレン会議場

Nationale Nederlanden

中央駅にて

運河と町並み

➛オランダ建築協会は、市街中心に位置するミュージアム広場にあって、 教育プログラムの他、ライブラリー、スタディルーム、建築関係の書店、素敵なミュージアムカフェがあり、建築好きならぜひ立ち寄りたいスポットです。
オランダ建築協会

➛ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館では、ヒエロニムス・ボス、レンブラント、ゴッホ、ダリ、からダッチデザインまで、時代にすると中世初期から21世紀までのアートを巡る旅ができます。
ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館

➛デルフスハーフェンは、かつての古い街を再建した旧市街が川沿いに並び、往時の姿を偲ばせます。ロッテルダムの街は、第二次世界大戦により、旧市街が破壊されたため、20世紀後半に現在の都会的ランドスペープへと変貌を遂げました。
デルフスハーフェン地区

STCビル

➛ユーロマストは、市内どこにいても目につくほど目立つ185mのタワーです。地上100mのところにレストラン・展望台・ホテルがあり、ユーロポートとロッテルダム市街が一望のもとに眺められます。
ユーロマスト

➛クンストハル美術館では、1年で約25の企画展が開催されています。文化を広義の意味で解釈し、古典芸術から現代アート、デザイン、写真などまで、高尚なモノからポピュラーなモノまで、様々なものを展示しています。建物そのものがアートとなっているレム・コールハース設計の建物です。
クンストハル美術館

➛世界博物館は、世界各地の博物館などと連携して様々な企画展を行う文化スポットです。
世界博物館

スピドー遊覧船

➛エラスムス橋は、ロッテルダム出身の人文主義者エラスムスの名前を付けられた、港町ロッテルダムを代表する橋です。その姿の美しさから白鳥のニックネームがあります。
エラスムス橋

➛オランダ写真美術館は、芸術としての写真の価値だけでなく、社会を表現する手段として、広義の写真を扱った美術館で、一流の芸術や報道写真はもちろん、スポーツ写真やアマチュア作品も多く展示しています。
オランダ写真美術館

➛アホイ・ロッテルダムは、ノースシー・ジャズ・フェスティバルを始め、様々なイベント・フェア・国際会議等が開催される一大イベントホールです。
アホイ・ロッテルダム
コメントを投稿