2014年12月19日金曜日

シンガポール 国際色豊かな都市、シンガポールの景観

Google Map
➛シンガポールは、東南アジアのマレー半島南端に隣接するシンガポール島と周辺の島嶼を領土(淡路島の115%程度)とし、政治は人民行動党の事実上の一党独裁制国家です。
シンガポールの夜景
➛オススメ動画 Singapur-Wonderful Country

シンガポール(マリーナベイサンズ マーライオン)
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

➛ライトアップしたエスプラネード-シアターズ・オン・ザ・ベイは、ヨーロッパのオペラハウス様式に設計されたコンサートホールやシアターなどがある文化総合施設で、2002年のオープン以来、この地区のランドマーク的存在です。
エスプラネード-シアターズ・オン・ザ・ベイ

➛写真は、同国の象徴的存在のマーライオンで、上半身がライオン、下半身は魚の像で、波の上に乗り口からは水を吐いています。
マーライオン

➛アジア文明博物館は、1865年に裁判所のビルとして建てられ、10年もの間住民登録所が入っており、後に移民局となるなどの変遷を経ています。
アジア文明博物館(エンプレス・プレイスビル)

➛近くに位置するシティホールと最高裁判所は、行政の中心地で、第二次世界大戦終了時に、日本軍が英国軍に対して降伏調印を行った場所です。ビクトリア調の落ち着いた荘厳な建物で、対岸のモダンな高層ビルとは対照的で、これが象徴的光景ともいえます。
旧国会議事堂

最高裁判所

➛セントアンドリュース教会は、緑の中に立っている真っ白な英国教会で、ラッフルズ卿が建てさせましたが、現在のもは1863年に立て替えられたものです。天井にはステンドグラス細工があり、夜にはライトアップされて幻想的です。
セントアンドリュース教会

➛国の文化遺産として見事な変身を遂げたチャイムスは今では人気のダイニング、ショッピング、エンターテイメントのスポットとなっています。チャイムス・ホールは教会を改築して作られ、ミュージカル、リサイタル、演劇や結婚式などに広く利用されています。
チャイムス

美術館

寺院

国立博物館

➛フォートカニング公園は、元々はマレーの王様が砦を作ったところですが、現在はのどかなシンガポーリアンたちの憩いの場となっています。イギリス統治の時代に軍司令部が置かれ、第二次世界大戦中は、日本軍の要塞として使われ、戦争に縁深い場所でもあり、砦跡はバトルボックス博物館となっています。
フォートカニング公園

➛1835年に建てられた、ヒルストリートにあるアルメニアン教会はシンガポールで最も古いクリスチャン教会です。アイルランド人の建築家、ジョージ・コールマンの傑作です。
➛アルメニアン教会

➛スリ・マリアマン寺院は、シンガポールにあるヒンドゥー教の寺院。阿含経の寺院で、ドラヴィダ建築様式で建てられています。寺院はチャイナタウンにあって、主にシンガポールに住むインド人等の信仰に役目を果たしています。
スリ・マリアマン寺院

仏寺

チャイナタウン

➛ティアン・ホッケン寺院は、船乗り達によって1821年に海での航海に感謝して建てられ、埋め立てが行われる前のシンガポールの海岸があった場所にあります。石、タイル、木、龍、そして鳳凰、細部にわたる彫り物、複雑な彫像など驚くべきことにすべて釘なしで組み立てられています。
➛ティアン・ホッケン寺院

➛タンジョン・パガー駅は、シンガポールにあるマレー鉄道の駅で、マレー鉄道におけるシンガポール領内唯一の旅客取扱駅です。
タンジョン・パガー駅

タンジョン・パガー駅にて

MRT(地下鉄・高架鉄道)

➛マリーナベイ・サンズの3つのタワーホテルの最上階57階には「サンズ・スカイパーク」があり、シンガポールの街並みが360度見渡せます。この1ヘクタールのスカイオアシスには、青々とした美しい造庭園やレストラン、インフィニティ・プールまであります。
➛マリーナベイ・サンズ

➛マリーナベイ・サンズ

➛シンガポールの重要な観光スポットとなっているセントーサ島には、マーライオンタワー、アンダー・ウォーター・ワールドと名付けられた水族館、2000羽の蝶が放たれている昆虫館、リング状に設えられた座席が、地上110mまで上昇して回転するカールスバーグ・スカイタワー、シンガポールの歴史を展示したイメージ・オブ・シンガポールという博物館、第2次世界大戦でも使用されたシロソ砦などがあります。
橋(セントーサ島へ)

モノレール(セントーサ島へ)

➛2010年にユニバーサル・スタジオ・シンガポールがオープンしました。
ユニバーサル・スタジオ・シンガポール

マーライオンタワー

ホテル

シロソ砦

➛カペラ・シンガポールは、青々と茂る緑に覆われた30エーカー以上もの敷地を有する「カペラ・ホテル&リゾーツ」のアジアにおけるフラグシップ的存在です
➛カペラ・シンガポール

ビーチ
コメントを投稿