2011年10月30日日曜日

ブータン 伝統と豊かなヒマラヤの自然が広がる、ブータンの景観

Google Map
➛ブータンは、17世紀に移住したチベットの高僧ガワン・ナムゲルが、現在の国土をまとめました。19世紀末内戦状態にあったブータンの中で、東部トンサ郡の豪族ウゲン・ワンチュクが支配的郡長として抬頭し、1907年、初代の国王となり、現在の第5代国王に至る名実ともの立憲君主国です。
タシチョ・ゾン
➛オススメ動画 Bhutan (Shangri-La)

➛首都ティンプーにあるタシチョ・ゾンは、ブータンの政治と宗教を司る国の中央政庁です。ゾンの中には国王のオフィスと、宗教会の最高権威であるジェ・ケンポ大僧正の部屋があります。釘を一本も使わず、伝統的手法で建てられています。
タシチョ・ゾン

➛国立図書館には、ゾンカ語やチベット語の貴重な仏典があります。
国立図書館

➛メモリアル・チョルテンは、第三代国王のジグミ・ドルジ・ワンチュクの死後すぐに彼を讃えるために建設された仏塔で、独立100周年を記念して2008年に大規模な整備が行われました。
メモリアル・チョルテン

➛民俗博物館

➛民俗博物館

➛首都ティンプーを見下ろす丘の中腹に建設されている巨大な 仏陀です。
建設中の仏陀

マスク販売店

ティンプーの街

パロ・ゾン

パロ・ゾン

パロ・ゾン

国立博物館

➛「虎の巣」という意味のタクツァン僧院は、断崖絶壁にはりつくように建つその姿は見る者を圧倒します。ブータンに仏教を運んできたグル・リンポチェはその8つの変化のうちの一つである忿怒形に姿を変え、虎の背中に乗ってこの場所へやってきました。展望台まで片道約1時間半ほどの距離にあります。
タクツァン僧院

Zandok Peli 寺

プナカ・ゾン

➛インドとブータンの南の玄関口プンツォリンは、インド人とブータン人が行き交う賑やかな街です。インドとブータンの首都ティンプーを結ぶ国内最初の自動車道路は1962年に完成しました。
インド-ブータンの国境ゲート

プンツォリンの風景
➛Tags=Thimphu,Bhutan
コメントを投稿