2011年10月23日日曜日

パラオ ミクロネシア地域の200の島からなるパラオの景観

Google Map
➛パラオ共和国は、太平洋上のミクロネシア地域の島々(200程度)からなる国で、首都はマルキョク州で、2006年10月7日に旧首都コロールから遷都しました。首都マルキョクは、旧首都であるコロールとは海を挟み KBブリッジで結ばれ、約25キロメートルの距離にあります。
議会議事堂
➛オススメ動画 日本とパラオ ~歴史を越えた友情~

➛16世紀頃より、海運の進歩の結果ミクロネシア諸島にもヨーロッパ人が訪れるようになり、スペイン人が初めて渡来し、次いでポルトガル人、イギリス人がやってきました。1885年にスペインの植民地、1899年にはドイツの植民地となり、第一次世界大戦の戦後処理をするパリ講和会議によって、パラオは日本の委任統治領になりました。
行政庁舎(大統領府)

KBブリッジ

➛日本の統治が始まってからは、ドイツの統治下ではほとんど進んでいなかった学校や病院、道路など各種インフラストラクチャーの整備も重点的に行われ、1920年代頃になるとコロールは近代的な町並みへとその姿を変貌していきます。
パラオ国際博物館

パラオ太平洋リゾート

パラオ太平洋リゾート

➛南洋神社は、コロール島アルミズ高地にある神社で、第二次世界大戦中、当地が日本の統治下にあった時代に官幣大社として創建され、敷地は9万6248坪もある壮大なものでした。終戦後一度廃社されたが、1997年に日本の神社関係者によって小規模ながら再建されました。
旧官幣大社南洋神社鎮座跡地遥拝殿

➛1994年10月1日に、自由連合盟約国(コンパクト)として独立し、国連による信託統治が終了。同年に国際連合へも加盟し、信託統治領としては最後の独立となりました。
石貨

➛ガラスマオの滝は、バベルダオブ島にあるパラオ最大の滝で、落ちてくる水の量、滝自体の大きさ、これほどまでに絵になる滝もそう多くはありません。
ガラスマオの滝

アーチロック諸島
➛Tags=Melekeok,Republic of Palau
コメントを投稿