2011年10月3日月曜日

モロッコ 世界遺産、古都メクネスの景観

Google Map
➛7世紀後半から18世紀にかけて首都として栄えたという古都メクネスは、当時の王、ムーレイ・イスマイールよって、フランスのルイ14世にならい、この地をヴェルサイユ宮殿のように造り上げたかったのだと伝えられています。
古都メクネス
➛オススメ動画 Meknès, Maroc.wmv

ロイヤルパレス

ロイヤルパレス

ムーレイ・イスマイル廟

ムーレイ・イスマイル廟

ムーレイ・イスマイル廟の墓所

➛マンスール門は、北アフリカで最も美しく、有名な門のひとつです。エディム広場に面した巨大な門で、王都のエリアへのメインゲート。ムーレイ・イスマイルが手がけた最後の建築物でもあり、彼の死後、その息子により1732年に完成しました。
マンスール門

エディム広場

エディム広場

ダルジャメイ博物館

➛スークの真ん中にあるメクネス最大のグランド・モスクは、内部に12の扉、143のアーチがあって、タイルの屋根は遠くからでも目立っています。
旧市街のモスク

➛ムーレイ・イスマイル廟から出て東に約100m歩くと、質素な大きなリフ門(風の門)があります。この門を抜けた、両側をどっしりした高い壁で囲まれた直線の道が、通称「風の道」です。その名のとおり、壁に挟まれた間を本当に強い風が吹き抜けて行きます。
風の道

➛ダル・エル・マの隣に大きなアグダルの貯水池があります。池の周りの道は散歩道になっていて、若者たちや家族連れなどでにぎわいます。
アグダルの貯水池

古い馬舎

町並み
➛Tags=Meknes,Morocco
コメントを投稿