2011年10月12日水曜日

スペイン 世界遺産、ルーゴのローマ城壁

Google Map
➛ルーゴは、スペイン北西部の都市で、山で囲まれた盆地に位置しており、近くをミーニョ川が流れています。旧市街を取り囲むローマ時代の市壁が世界遺産に登録されています。
ローマ城壁と大聖堂
➛オススメ動画 Lugo

➛紀元3世紀終わりから4世紀始めのローマ帝国後期に、現在も残る市壁が建設されました。ルーゴはローマ時代以降は無人となり、中世初期に住んでいたのは聖職者だけだったという説もあります。
市壁と一体化した町並み

ローマ城壁の歩道

➛1129年、ロマネスク様式のカテドラルの建設が始まり、聖母マリアに捧げられ、中世後期には、サンティアゴ・デ・コンポステーラのように巡礼の中心地となりました。
大聖堂

大聖堂

司教館

➛ルーゴがこの地域で最も重要な都市となったのは、1833年に県制度が導入されてルーゴ県ができ、ルーゴが県都となってからのことです。
タウンホール

芸術サークル

夜の町並み

博物館

➛ルーゴの市壁は、ヨーロッパでも珍しく保存状態が良好で、欠けることなく街を360度取り囲んでいて、市壁の高さは10メートルから15メートルで、長さは2.5km、71の塔を持ちます。
ローマ城壁
ローマ城壁(ストリートビュー)

ローマ城壁
➛Tags=Lugo,Spain
コメントを投稿