2011年2月28日月曜日

パラグアイ 「都市の母」と呼ばれた、首都アスンシオンなど

Google Map
➛首都アスンシオンは大河ラ・プラタ川の最大の支流パラグアイ川の川岸に位置しています。1537年、スペインが創建した川沿い最古の町で、スペイン人から「都市の母」と呼ばれていました。
大統領官邸
➛オススメ動画 Recorrido por Asuncion-1 No.2

➛大きな入り江に沿って発展したアスンシオン港は、古くからパラグアイの貿易の中心的役割を担ってきました。市の中心部にはコロニアル風の建物が残る一方、近代的なビルも増え、国際色豊かな政治、文化、経済の中心となっています。
国会議事堂

➛独立記念博物館は、1811年のパラグアイ国家独立に関連した貴重な資料が展示されています。1772年に建設のコロニアル風の建物は、以前はサエンス兄弟の住居で、彼らは当時スペイン政府反対派グループの密会場に住宅を提供していました。
独立記念博物館

独立記念博物館 内部

独立記念博物館 内部

➛郵便歴史資料室は、パラグアイの切手と世界各国の切手を展示する国内で最も充実した博物館で、中央郵便局の中にあります。パトリ家の住宅であった建物で、19世紀初めにたてられた素晴らしい建築物です。
郵便歴史資料室

➛国立英雄記念堂は、1863年にアスンシオン聖母礼拝堂として建設が始められましたが、70年戦争の勃発で完成に至らず、1963年に国立英雄記念堂に指定された建物です。
国立英雄記念堂

➛カテドラル教会は、バロック様式原形の祭壇と聖具博物館があります。
カテドラル教会

➛国立美術館は、パラグアイを代表する画家やスペイン、フランスなどの絵画約200点と、約6000冊におよぶ古文書が所蔵されています。
国立美術館

➛アンドレス・バルベロ博士の名前にちなんでつけられた民俗学と考古学の博物館です。先住民グアラニー族に関する資料が最も充実している博物館です。
アンドレス・バルベロ博物館

町並み

➛アスンシオン-アレグア間、アスンシオン-エンカルナシオン間には鉄道が敷設されており、かつては薪を燃料とする蒸気機関車が走っていました。鉄道は一時運行を止めていたが、2004年2月からウパカライ- サプカイ間に限り観光路線として復活しています(週末のみ)。
鉄道

➛パラグアイ国内で、世界遺産に登録されたサンティシマ・トリニダー・デ・パラナは、1706年、パラグアイで最後に建設されたイエズス会士居留地です。この居留地は「最大で最良の布教村」だと言われています。
サンティシマ・トリニダー・デ・パラナ

サンティシマ・トリニダー・デ・パラナ

➛ヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群は、1685年創設された慰留地で、すでに修復された教会のほかに現在、学校、アトリエ、先住民の住居などを改修中です。
ヘスース・デ・タバランゲ

ヘスース・デ・タバランゲ

➛モンダウの滝は、パラグアイとブラジルの国境を結ぶ友情の橋から約20kmの場所にある滝で、高さは約40mあり、パラグアイの瀑布として有名です。
モンダウの滝は、小動物や小鳥が生息する約9ヘクタールの密生熱帯林に覆われた天然保護区モンダウ市立公園内にあります。
モンダウの滝
コメントを投稿