2011年2月7日月曜日

ブラジル 世界遺産、オウロ・プレット歴史地区の景観

Google Map
➛オーロプレットは、1711年に金が発見されてから18世紀の約100年の間に世界の金の半分以上を産出した町です。現在の人口は5万6000人といわれていますが、18世紀にはアフリカから連れてこられた黒人奴隷を中心に 11万人がオーロプレットに暮らしていました。
サンホセ通り
➛オススメ動画 zigzag railway Ouro Preto

➛山に囲まれた起伏の激しい町並みは、町全体が絵画のように美しく、坂道に並ぶバロック様式の建物、彫刻家アレイジャジーニョやアタイーデなどの彫刻や絵画に飾られた無数の教会、博物館や建築物内に展示された貴重な資料には、長い歴史が刻まれています。
ロザリオのハウス

ロザリオの聖母教会

➛サン・フランシスコ・ヂ・アシス教会は、この都市出身であり、ブラジルのミケランジェロと称えられる彫刻家アレイジャジーニョの手によるものです。
サン・フランシスコ・ヂ・アシス教会

聖母教会

➛インコンフィデンシア博物館(反乱記念博物館)は、旧市会議事堂であり、その後刑務所となった建物です。
インコンフィデンシア博物館

➛18世紀末、フランス革命やアメリカ合衆国の独立の影響もあり、1789年にはポルトガルからの独立を画策した「ミナスの陰謀」が発覚し、首謀者のチラデンテスが処刑されました。
チラデンチス像

チラデンチス広場

➛オウロ・プレットには、バロック様式やロココ様式の教会が点在しています。これらの教会には金で覆われた彫刻、当時の最高の美術家たちが創作した像や絵画等で飾られた祭壇が残されており、見応えがあります。
教会

鉱物博物館

サンフランシスコ教会
コメントを投稿