2011年3月30日水曜日

マダガスカル 首都アンタナナリボと世界遺産のアンブヒマンガの丘の王領地など

Google Map
➛マダガスカルは、東アフリカのインド洋に浮かぶマダガスカル島を領土とする共和制国家で、島の長さは約1,570km、最大幅約580kmで世界第4位の大きさを持つ島です。
17世紀初頭、マダガスカル中央高原にはペツィレゥ諸王国、メリナ王国、東南部のアンテムル王国、などが乱立、互いに狭い領域を支配している小国でした。
バオバブ並木
➛オススメ動画 マダガスカル島 アンタナナリボ la capitale Antananarivo 

➛写真は、バオバブ並木-西部のモルンダバ近郊にある、貴重な観光資源であるバオバブの木です。
バオバブ並木

➛写真は、剃刀のような尖った岩が多数並ぶ特異な景観が広がっているツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区です。石灰岩のカルスト台地が数万年かけて侵食され形成したもので、降水があっても尖った岩と岩との隙間に吸収されてしまうため、植物は乾燥に強い珍しい種類のものが多数自生しています。
ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

➛1895年、フランスがメリナの王宮の置かれていたアンタナナリヴを占領したことで、1896年にフランス政府は正式にマダガスカルを植民地としたことを宣言、1960年6月、マダガスカルは正式に完全独立を宣言しました。
首都アンタナナリヴの中央駅

➛首都アンタナナリヴの街の中心は、独立大通りで官公庁などの政府関係の建物が立ちます。大通りの南には「アヌシ湖」があって、周囲に緑地が広がります。
アンタナナリヴのルマルケ中央の風景

独立大通り

Analakely 市場

町並み

アヌシ湖

アヌシ湖

市場

➛独立大通りの先、中心から南東方面に4kmほどの丘の上には、メリナ王国時代に立てられた女王宮があります。1794年、メリナ王国の首都がアンタナナリボ遷都後、女王のための別荘がこの丘の要塞内部に設けられました。
女王の宮殿

ロイヤルの墓

総理大臣の宮殿

Faravohitra 教会

➛アンブヒマンガの丘の王領地は、マダガスカルを最初に統一したメリナ王国の王宮跡が登録された世界遺産です。
メリナ王国の王宮跡

➛アンブヒマンガは、マダガスカル語で「青い丘」、「美しい丘」の意味で、丘の上のロヴァ(Rova)には王宮跡とそれを取り囲む要塞跡が残り、現在では博物館として公開されています。
王領地の門

マダガスカルの生物

マダガスカルの生物

マダガスカルの生物
コメントを投稿