2014年2月6日木曜日

マケドニア 世界遺産、オフリド湖に面して建つ古い教会・城塞

Google Map参考資料
➛マケドニアの西部の都市「オフリド」は、その文化的・歴史的景観と自然環境が、ユネスコの世界遺産に登録された街です。ロシアのバイカル湖と並んで世界最古の湖の一つと言われ、透明度21mの澄みきったオフリド湖に面し、中世のフレスコ画が保存された東方正教会が点在する町並みが穏やかな美しさを放ちます。
オフリド湖から眺めた市街
➛オススメ動画 Beautiful City of Ohrid Macedonia OHRID Lake

マケドニア 世界遺産、オフリド湖に面して建つ古い教会
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)

市街地風景

町並み

➛聖ソフィア教会

聖ヨヴァン・カネオ教会

➛かつては市内に365もの教会があり、マケドニアのエルサレムと呼ばれた時代がありました。10世紀末から11世紀にかけて、ブルガリア帝国の首都であり、このため大主教座が置かれ、現在でもマケドニア正教会の大主教座が置かれています。
聖パンテレイモン教会

➛聖パンテレイモンは、治癒者として崇敬を集めるほか、各地に聖パンテレイモンを記憶する聖堂・修道院があります。
聖パンテレイモン教会

➛聖クレメント

➛現代のオフリド市は、古代都市リクニドスの後裔で、867年にブルガリア人がリクニドス市を征服、990年から1015年の間、オフリドは第一次ブルガリア帝国の首都であり要塞でした。
オフリド城

オフリド城

旧市街への入口

聖マリア教会

➛町には年間30万人もの観光客が訪れ、数多くの異なる古い感じの教会を、しばしうっとりと眺める風景が見られる穏やかな町です。
聖ソフィア教会

➛聖バルバラ教会

ローマ円形劇場

➛ホテル

聖ザウム教会
コメントを投稿