2011年4月25日月曜日

マリ 首都バマコと世界遺産、日乾煉瓦と泥塗のイスラーム建築

Google Map
➛マリは、西アフリカの共和制国家で、首都はバマコです。国土の北側3分の1はサハラ砂漠の一部であり、残りの中南部も、ちょうど中心を流れるニジェール川沿岸だけが農耕地となっている以外は乾燥地帯です。
リビアホテルからの眺め
➛オススメ動画 Visite de Djenné / Visit of Djenne (Mali)

リビアホテル

BCEAOタワー

➛15世紀、ソンガイ帝国頃はニジェール川上流域が豊富な金の産地であったことからムスリム商人らが訪れ、サハラ交易が盛んに行われていました。
市場

➛1904年にフランスの植民地となり、1960年6月、隣国のセネガルと共に、マリ連邦を結成し、フランスから独立をしました。
独立慰霊碑

国民議会

➛バマコは河港と通じた商業交易上の結節点でもあり、取引商品には織物、肉製品、金属加工品などが多く、ニジェール川では漁業が盛んです。
教会

グランドモスク

市街

➛西アフリカのダカール(セネガル)とクリコロ(マリ)間を結ぶ鉄道路線「ダカール・ニジェール鉄道」のバマコ駅です。
鉄道駅

➛トンブクトゥは、13世紀に成立したマリ王国の首都として建設され、サハラ交易における商都の役割を果たしたのみならず、サハラ地帯の宗教センターも兼ねていました。
モスク

➛世界遺産に登録されているトンブクトゥやジェンネに現存するイスラーム建築の建築材料は日乾煉瓦と泥塗で、ミフラーブやミナレットというイスラーム建築の根幹の部分には、イスラーム建築の伝統である日乾煉瓦を使用しています。
トンブクトゥの景観

➛アフリカの伝統的工法である泥、樹皮を剥いた自然木、石をそれ以外のもとに使用することで、他の地域とはっきりと区別しうる建築様式が誕生しました。
サンコレのメデルサ

ストリート

➛屋根が100本の柱で支えられているジェンネの大モスクは、奥行き75m、高さ20mで、1000人の信徒を収容でき、表面の材質は泥のため、町の住民で分担して毎年塗り直しが行われています。
大モスク

大モスク

ジェンネの景観

バンディアガラの断崖
コメントを投稿