2013年8月24日土曜日

ベルギー 3種の世界遺産、水の都ブルージュ(ブルッヘ)を訪ねて

Google Map
➛フランドルの“水の都”ブルージュは、ヨーロッパでも有数の古い街で、3種の世界遺産(ブルッヘ歴史地区・ベギン会修道院・ベルギーとフランスの鐘楼群)に登録されています。
縦横に走る運河
➛オススメ動画 Bruges Belgium

ベルギー 3種の世界遺産、水の都ブルッヘを訪ねて
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)
*ツアー開始(00-ベルギー 3種の世界遺産、水の都ブルッヘを訪ねて)

ベルギー 世界遺産、水の都ブルッヘ、運河を航行
joy555 trails
Wikiloc ツアー一覧(後順)
空から街並み拝見(Google Earth)
*ツアー開始(00-ベルギー 3種の世界遺産、水の都ブルッヘを訪ねて)

➛世界遺産のベギン会修道院群は、ベルギー各都市のベギン会修道院(計26件)で、北西ヨーロッパの自律的な女子修道会であり、一般には木々に囲まれた中に立てられています。建物には生活や信仰に関わるものだけでなく、共同体で使われる作業場も含まれた複合的なものです。
ベギン会修道院

ベギン会修道院

町並み

➛聖母教会は、13世紀から15世紀にかけて建てられ、高さ122メートルの塔が偉容を誇っています。内部には、マリー・ド・ブルゴーニュの墓や、「十字架上のキリスト」を描いたファン・アイクの絵、ミケランジェロ作の「聖母子像」など、秀作がそろっています。
聖母教会

➛セントサルベーターズ大聖堂は、1250年ごろのゴシック様式を中心にして、19世紀の新ロマネスク様式までが見られます。見事なタペストリーやオルガンは18世紀初期のものです。
セントサルベーターズ大聖堂

➛市の中心となる広場(グランプラス)にはギルド・ホールの偉容とその上にそびえる鐘楼が、かつての繁栄ぶりをしのばせます。
グランプラス広場

グランプラス広場

➛地方裁判所

➛ベルギーとフランスの鐘楼群は、両国合わせて56の鐘楼がユネスコの世界遺産登録されています。ブリュージュのギルドホールと鐘楼は、13世紀に建設されたものですが、その後拡張されています。鐘楼は高さ83メートル。366段の階段を登る途中で、総重量27トンというカリヨンや、自動演奏装置が見られます。
ギルドホールと鐘楼

➛ブルグ広場は、ゴシック様式の建物に囲まれる、かつてのフランドル伯の館(ブルグ)があったところで、4つの建物(市庁舎、古文書館、裁判所、聖血礼拝堂)に囲まれています。
ブルグ広場と市庁舎

➛市庁舎は、1376年に着工、1420年に完成したフランダース最古の庁舎です。
市庁舎

➛聖血礼拝堂には十字軍が持ち帰ったという聖血(キリストの流した血)がまつられています。下部は聖バシリウスをまつった12世紀ロマネスク様式の礼拝堂ですが、上部の聖血礼拝堂部分は15世紀にゴシック様式に改修されました。
聖血礼拝堂

➛ブリュージュは、13世紀から14世紀にかけて毛織物工業で栄えましたが、15世紀後半、北海と結ぶ水路が泥で埋まり、船の運行が不可能になると交易は衰退し、以来、産業革命の波も押し寄せることなく、街は中世の面影をそのまま封印しました。ゴシック様式の建造物群が、街の姿を特徴づけています。
運河とゴシック様式の建造物群

➛市立劇場

➛ヤン・ファン・アイク広場

➛中央広場にて

➛ユニバーシティ·カレッジ

➛十字門・ロバ門など、これらは城門として13-14世紀に造られました。城壁の辺りはたくさんの緑があり、城壁の上で散歩やサイクリングが楽しめます。
ロバ門

広場

➛コンセルトヘバウは、「ブルージュ2002」に際し、新しくザンド広場に面して建設された巨大なコンサート・ホールで、フランダースの新しいアート・センターです。古典から現代音楽、ロックからオペラ、バレエから現代舞踊、大掛かりな演劇作品から小さな新作映画のプレミアショーまで幅広い作品の上演が可能です。
コンセルトヘバウ

➛彫像

ブルージュ駅

ブルージュ駅にて

十字門

➛聖ヤンスハイス風車
城壁の建設の後、13世紀の終わりから19世紀まで、要塞の周りにはたくさんの風車がありました。十字門には4つの風車が保管されています。1770年に作られた聖ヤンスハイス風車は移動されることなく、昔と同じ場所に立っています。両風車とも麦を引くために現在も使われいます。
聖ヤンスハイス風車

➛風車

町並み
コメントを投稿