2011年1月27日木曜日

ドイツ 世界遺産、アイゼナハのヴァルトブルク城など

Google Map
➛アイゼナハは、チューリンゲン州のネッセ川とヘーゼル川の合流地付近に位置し、古くより交通の要所でした。音楽家、ヨハン・セバスチャン・バッハの出生地としても知られ、同都市のヴァルトブルク城は、ユネスコの世界遺産に登録されています。
ヴァルトブルク城

ヴァルトブルク城

ヴァルトブルク城

➛1067年、当時「王の道」と称された街道沿いに、ヴァルトブルク城が建てられ、13世紀初頭、この城の「歌人の広間」でミンネジンガー(吟遊詩人)による歌合戦が行われたとされ、リヒャルト・ヴァーグナーのオペラ「タンホイザー」の題材にもなっています。
ヴァルトブルク城の内部

➛アイゼナハは宗教改革の推進者マルティン・ルターと関係が深く、1498年より、ラテン語を学ぶため学生としてアイゼナハに留まりました。この時にルターが住んでいた家は、現在も保存されており、ルターの生涯と業績をたどる展示があります。
城内のルターの部屋

シティホール

町並み

カール通り

聖エリザベス

裁判所

マルティン・ルター像

聖ニコライ教会

アイゼナハ駅
コメントを投稿