2010年6月18日金曜日

フランス パリを走る国際高速列車

Google Map
➛名所・史跡を投稿画像で紹介。
➛高速鉄道の試運転で、2007年に574.8km/hの最高速度記禄を出したのがフランスのTGVです。日本では、2003年に走行試験での最高速度記録 581km/hを(ギネス認定)MLX01が有人で記録しています。
2007年4月、開業前のTGV 東線 (LGV Est) での公式走行試験において、V150プロジェクト用特別編成が574.8km/hを樹立し、325特別編成が1990年に記録した非浮上式列車部門での世界最高速度記録を更新しました。
TGV パリからボルドーへ

セーヌ川でお披露目、V150プロジェクト用特別編成
➛オススメ動画 「TGV speed record, 574.8kmh」

➛日本のMLX01、山梨実験線用車両(最長5両編成)です。先頭車の前頭部は、高速走行時の空力特性を考慮し、エアロウェッジ型とダブルカスプ型、さらに空力的特性の改善を目指したMLX01-901の3種類の形状をしています。
日本 MLX01
➛オススメ動画 「Japanese Maglev, 581km/h」

➛TGVは、フランス国鉄が運行する高速鉄道の車両、およびそれの運行形態での「高速列車」です。日本の新幹線の営業速度を初めて塗り替えたことで世界の注目を浴びました。1981年9月、初のTGV営業路線としてパリ - リヨン間の南東線が開業し、時速260kmでの営業運転が始まりです。
パリのモンパルナス駅に停車するTGV

開業当時のTGV(オレンジ色)

➛ユーロスターは、ロンドンとリール、パリおよびブリュッセルを最高300km/hで結ぶ国際高速列車です。列車はユーロトンネル(チャネルトンネル)を通って英仏海峡(ドーバー海峡)を横断し、フランスとベルギーの部分は高速路線を使用します。ユーロトンネルが開通した同じ年の1994年11月14日に開業しました。
イギリス国内を走るユーロスター

パリ北駅のユーロスター(奥)とタリス(手前)

➛タリスは、フランス・ベルギー・オランダ・ドイツの4カ国を結ぶ高速列車で、フランスのTGVを基本にしています。最高速度は300km/h で、1996年1月より運転を開始、同年6月にアムステルダムまで延長、1997年12月にはケルンまで運転区間が延長されました。
赤い車両のタリス

パリ北駅のユーロスター(奥)とタリス(手前)

➛ケルン - フランクフルト高速新線を走行する第三世代のICE 3です。
ICE 3

ICE 3MF 運転席

ICE 3 1等車
コメントを投稿