2012年3月2日金曜日

チェコ 世界遺産、クロムニェジーシュの 庭園と城

Google Map
➛チェコ東部の町クロムニェジーシュに17世紀、この地方の司教の城と庭園が造られました。現在でも保存状態が良いバロック様式の城と庭園で、特に「喜びの庭」という名の庭園は、完璧なバロック様式の庭園として後のヨーロッパの宮殿庭園に大きな影響を与えました。また、この城と庭園は映画「アマデウス」のロケにも使われたことで知られています。
➛クロムニェジーシュ城
➛オススメ動画 Gardens and Castle at Kroměříž (UNESCO/NHK)i

➛当時、カトリックの教区は一つの国のようなもので、その統率者である司教は国王同様の富と権力を持っていました。城の中には、政策を決めた会議室や裁判所、司教がつくった貨幣の展示などがあります。司教とは宗教だけでなく政治経済・司法まで司る存在だったのです。城の食堂は贅を尽くした大広間で、天使たちが掲げる司教の肖像画が天井に描かれています。
➛クロムニェジーシュ城

➛クロムニェジーシュの庭園

➛草花が美しい幾何学模様の庭園は、着飾った貴族と貴婦人たちが集まる場所でした。そこには、栄華を享受した司教たちの姿がうかがえます。
➛クヴィエトナー庭園

➛教会
コメントを投稿