2010年7月25日日曜日

ウクライナ 世界遺産、リヴィフ歴史地区の景観

Google Map
➛名所・史跡を投稿画像で紹介。
➛リヴィフは、1387年からポーランドに支配されていましたが、1772年にオーストリアの一部になっていました。西ヨーロッパの影響を受け、町の歴史的な建物も様々な建築様式で建てられ、特別な雰囲気をもたらしており、外国に何回か支配されたにもかかわらず、ウクライナの文化や習慣などはしっかり守られています。
リヴィウ美術館(旧ポトツキー宮殿)
➛オススメ動画 「In the Streets of Lviv」

町並み

街角にて

ダニロ王の像

➛大聖堂は、ポーランドの時代、14~15世紀にかけて建てられたゴシック様式のローマ・カトリック教会で、色とりどりの大理石を使った内装が美しく、また19世紀のオルガンもしばしば演奏されます。また教会裏の元墓地だった場所には、ハンガリー商人ボウイム家の廟があります。
大聖堂

➛プロシチャ ルィーノクは、町の中心にある市場で主な建物は15世紀に建築された市役所でしたが、火事によってほとんど破壊され、何回か修復されています。現在の姿は1848年以後のものです。
プロシチャ ルィーノク

➛ドミニカ聖堂は18世紀バロック様式の教会で、ソ連時代は無神論と宗教の博物館となっていましたが、今は無神論の部分が撤去されて公開されています。イスラーム、仏教、ユダヤ教や古代の埋葬方法など、世界の宗教に関する展示があります。
ドミニカ聖堂

➛19世紀末はリヴィフが最も豊かだった時代で、上流階級はヨーロッパの流行を追うことに躍起になっていました。そこで劇場の建設が必要となり、市民の寄付で半分以上を賄って1900年に建てられたのが、このオペラ・バレエ劇場です。
オペラ劇場

オペラ劇場

町並み

➛ウスペンスキー教会は、16-17世紀のレネサンス様式の代表的な建物です。
ウスペンスキー教会

➛聖ユーラ寺院は、1744-1770年に建てられた、ウクライナバロック様式の代表的な建物です。
聖ユーラ寺院

聖ユーラ寺院

リヴィウ駅

リヴィウ駅にて

路面電車
コメントを投稿