2010年4月15日木曜日

スイス 世界遺産、ヨーロッパ屈指の美しい都市、ベルン旧市街

Google Map
➛名所・史跡を投稿画像で紹介。
➛ベルンは、スイス連邦の首都で、チューリッヒ、バーゼル、ジュネーヴに次ぐ4番目の規模の都市です。相対性理論を執筆したアインシュタイン・ハウス、時計塔、大聖堂などが有名で、ベルン旧市街がユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録されています。
ベルン旧市街
➛オススメ動画 「City of Bern」

➛ベルン旧市街

➛1191年にツェーリンゲン公ベルヒトルト5世が、アーレ川に囲まれた小高い丘という地形をいかしてニィデックに築いた砦にはじまり、13世紀に自由都市となり西側に向かって時計塔のところまで発展していきました。
時計塔

ベルヒトルト5世碑

➛その後、エリアを拡大、15/16世紀頃には、ヨーロッパ最長ともいわれるアーケードや各所に点在する凝った彫像が美しい水飲み場、荘厳な大聖堂などがつくられ、ヨーロッパ屈指の美しい都市となっていきました。
彫刻で飾られた水飲み場

➛寓話的な彫刻で飾られた16世紀の噴水群が、全ての広場や通り沿いに設置されています。
彫刻で飾られた水飲み場

彫刻で飾られた水飲み場
➛ストリートビューで歩くと、ベルンがヨーロッパ屈指の美しい都市であることが再認識されます。
水飲み場大聖堂

彫像

ミュンスターベルン(大聖堂)

ミュンスターベルン(大聖堂)

➛アインシュタインが特許庁に勤めながら自らの研究を進めていたベルン時代。1903年から、『光量子説にもとづく光電効果の理論』『ブラウン運動の理論』『特殊相対性理論』という偉大な発見の論文を1年間に3つも発表したことから”奇跡の年”と呼ばれている1905年までの3年間を過ごした部屋を、記念館として一般に公開しています。世紀の大発見が誕生した記念すべき場所に、彼の研究資料や手記などが展示されています。
アインシュタイン・ハウス





➛町がまた拡張した18世紀にも大規模に修復された旧市街は、中世の雰囲気を今に伝える見事に保存された歴史的な町並みであることに加えて、政治の中枢でもあるスイスの首都として現代都市の機能を兼ね備えて融合させている点もあわせて高く評価されています。
連邦議事堂

連邦議事堂の夜景

➛ベルン歴史博物館は、もともとスイス国立博物館(現・チューリヒ)の候補として中世の古城のイメージでつくられた荘厳な建物に約25万点のコレクションを誇る、スイスで2番目に大きな歴史博物館です。
ベルン歴史博物館

➛その半生をベルンで過ごしたパウル・クレー作品の約40%にあたる4000点以上所有する大規模な美術館です。
パウル・クレー・センター
コメントを投稿